pug-fxblog’s 達成できたら即移住!

FXにて移住資金を調達する。ドル円、ユーロドルメインに取引

日本脱出計画。FXトレードで資金調達!目標額とりあえず1億円

【FX トレード】得意なトレード箇所と落とし穴

【FX トレード】

得意なトレード箇所と

今週(2018.11.12~11.17)の反省

 
こんばんわ。
今週のドル円は114円から下落相場となりました。週末金曜日には112円台に突っ込む動きをみせ、戻りなく112.8台でのクローズとなりました。原油価格下落を受けての株安、リスクオフ的な動きだったようです。
 
トレード成績としては、ドル円、ユーロドルの比較的大きな動きを冷静に掴むことができ、プラス収支で終えることができました。
ただ、利確のタイミングがまだまだ早いので、プロスペクト理論に抗えない自分があるなと痛感してます。
 
もちろん収益を上げることが目的の投資活動ですので、微益でもプラスで決済することが間違いじゃないという考えに変わりはありませんが、もう少し利確にも根拠を持ってすれば今よりも利益を伸ばすことができるのかなと思います。
 
 

さて、今日は自分の得意なトレード箇所について。

 

トレーダーの方なら得意なトレード箇所や時間帯、通貨ペアをお持ちかと思います。

以前のメモで僕の一番勝率の高いローソクの形については簡単に書きましたが、
こんな形や状況を複数持つことでトレードチャンスが増え、多くの収益を上げることができる一つの要因となるかと思います。

 


ただ、FXチャートの右側は誰もわからないといわれています。

 


得意な箇所=100%勝てる ×

 

とはなりません。

これがコツコツドカンのドカン部分につながることが多いです。

自信のあるトレードにこそ落とし穴が潜んでいます。

 

トレードあるあるかもしれませんが、あまり自信がないがチャート的にここはチャンスなんじゃない?と打診買い、売りをしたときってドカンと負けることって少ないんじゃないかなと感じます。絶対的信頼のないポジションって微益、微損で撤退することにあまり抵抗がないからですね。

 


依然の僕はどうしても自分のいい形が来たら100%が頭から離れず、思惑が外れても認めず、損切が遅れ大きな損失につながることが多々ありました。その得意な形に成功体験が多ければ多いほど、認めることができず、ずるずると損失をふくらまして、最後にはトントンに持っていこうと大きなロットでのナンピンなんて目も当てられない状況を作り上げてしまうことも。

 


もちろんそれで助かることもありますが、最初のポジション保有のルールからは大きく逸脱しているのは明らかです。これを続けてしまうとトレード自体が崩れてしまいますし、助からなかった場合致命的な状況となってしまう場合もあります。

 


得意なトレードチャンスこそ、慎重にルールと【チャートの形に100%はない】ということを頭に入れてトレードすることが大切です。

大きな損失を回避し誠実な成功体験を積み上げることが、自分のトレードルールの勝率やリスクを冷静に分析できることにもつながり、長く相場で生き残るための糧となるんじゃないでしょうか。

 



それでは来週も孤独に戦うトレーダーさんたちと僕に脅威の爆益がありますように☆彡

 

 

私のおすすめ⇒XMtrading

 



最後に海外には信じられないくらいの高額キャッシュバックや証拠金ボーナスを実施してるところが山ほどあります。

よろしければ参考サイトはこちら⇒キャッシュバック比較サイト




Re-more